可愛い国 / Schattig Landje / Cute Country

2013年8月7日

鉄器時代の服/IJzertijdkleding/Iron Age clothing

Filed under: オランダ, 縫う — タグ: , , , , , — セレネ @ 14:21

6月に鉄器時代に泊まった。 9月にはまた鉄器時代に泊まる。6月には無香料の合成洗剤で洗わなかったから、自分の服を作った。写真で今週の作った服が見える:シャツ、スカート、小さなカバン。またペプロスのようなドレスを作るかも知れないけど、他の布が使いたいと思う。鉄器時代の服はまっすぐで縫うだけだった。和服を作るときと同じ感じだった!着物・浴衣とかを作るときにもまっすぐだけ縫っている。

2013年8月7日:鉄器時代の服

Eind juni logeerde ik een weekend in de ijzertijd. Aangezien ik me ook heb opgegeven voor het weekend in september, en de kleren de vorige keer in parfumwasmiddel waren gewassen, besloot ik mijn eigen setje kleding te maken. Op de foto staan de dingen waar ik de afgelopen paar dagen aan bezig ben geweest: een shirt, rok en twee zakjes. Ik ga denk ik nog wel een overgooier maken (peplos-stijl), maar daarvoor ga ik nog even naar een andere stof kijken.

At the end of June I slept in the Iron Age village for a weekend (Dutch+Japanese report with photos here). As I’m also going to the weekend in September, I decided to make my own clothes. Last time the Iron Age clothes we got were washed using perfumed laundry detergent, and as I’m allergic to perfume, I won’t have a problem now anymore (^-^). I’m probably also going to make a peplos-like dress to wear on top, but I’m postponing that until I’ve looked at other fabrics I could use (another colour, maybe).

Het patroon van het shirt komt uit het boek “Twee manen lang” van Anneke Boonstra, over een leefexperiment in hetzelfde museum in Eindhoven. Het boek staat als PDF op de site van het museum, hier. Het patroon van het shirt (of trui) staat op pagina 148 van de PDF en op pagina 159 van het papieren boek. Ik heb de maten wel iets aangepast, zodat de maat mij beter zou passen.
De rok is een rechthoekige lap van 180 cm breed (volgens de maten op pagina 24 van de PDF en pagina 26 van het papieren boek). Ik heb lusjes gemaakt om het touwtje doorheen te halen, of een andere riem. Ik had het ook zonder lusjes kunnen doen, aangezien ik geen voorbeelden van rokken-met-lusjes heb kunnen vinden – maar aan de andere kant zijn er echt niet zoveel kleren teruggevonden uit de prehistorie. En lusjes maken is best wel een idee dat mensen gekregen kunnen hebben om te voorkomen dat de stof onder het touwtje uit glijdt.
De touwtjes heb ik gemaakt van aan-elkaar-genaaide reepjes van de restjes linnen, en dan gevlochten.

For the shirt, I used a pattern from the Dutch book “Twee manen lang” by Anneke Boonstra, about an experiment in which a group of people stayed 9 weeks in the same Iron Age village in Eindhoven, The Netherlands. You can view the PDF of the book on the museum website here. The pattern of the shirt (or sweater) is on page 148 of the PDF and on page 159 of the paper edition. The pattern just has numbers, which I changed to make it fit me better.
The skirt is a rectangular piece of fabric of 180 cm in width (according to the sizes on page 24 of the PDF and page 26 of the paper edition). I added loops for the string (or another belt). I could have done it without loops, as I haven’t been able to find examples of skirts-with-loops, but on the other hand, not many clothes from that time period have been found. And making loops is something people could have thought of to prevent the skirt fabric from sliding away underneath the string.
I made the strings of sewn-together left-over linen, then braided them.

Geelgeruit ijzertijdshirt / 黄色い鉄器時代のシャツ / Yellow Iron Age shirt

Geelgeruit ijzertijdshirt / 黄色い鉄器時代のシャツ / Yellow Iron Age shirt

広告

5件のコメント »

  1. […] 一番上の絵は「支石墓の時代で魔法使いがいてたら、どんな風に魔法を使った」の質問を答える。オランダの支石墓は紀元前3400~2850年で建てた。この支石墓はD15です。 あの時代の服はリンネルか皮革だったけど、オランダ語の本で両方を使っている。リンネルは紀元前8000年頃から使われているから、この絵にリンネルの服に決めた。鉄器時代の服は前の時代と同じようなデザインだったから、支石墓の時代でも着れたと思った。この服も自分で作った。 […]

    ピンバック by 9月で描いた絵/Tekeningen in september/Art in September | 可愛い国 — 2013年9月5日 @ 10:34

  2. […] 6月と同じように、また鉄器時代の博物館で泊まった。6月には13人が来たけど、今は23人。だから、他の建物で寝た(前よりも大きな建物、地図で(2)の所)。 着いてから皆は博物館の鉄器時代の服に着替えたけど、私は自分の服を持ってきた。今回、博物館の鉄器時代の靴はなかったから、皆は素足(私も)か21世紀の靴で歩いた。1人は博物館の店で鉄器時代の靴を買ったから、履いた。 寝る所に決めてお茶を飲んでから、博物館のツアーに行った(中世にも)。 お昼ご飯はパンケーキ(小麦粉・孚・牛乳)。二つの鍋で焼いた。 その後、色んな活躍をした:火を起こす、夕ご飯のために野菜を切る、羊毛から糸を作る、織り、吹管を作る、薪を切る。船にも乗れた。皆が好きなことをした。私は他の女性と一緒にヘーゼルナッツ・スプレッドを作った。 レシピ: 1)ヘーゼルナッツを小さくにする(石を作った)。 2)塩(少し)とハチミツを入れる。 3)スプレッドになれるまで油を入れる(何の油が関係ないけど、今はひまわり油を使った)。 羊毛の糸を作り始めた。 夕ご飯は一つの鍋で作った。6月の夕ご飯と同じだった(スープとベーコン、にんじん、ねぎ、にんにく、キャベツ、玉ねぎ、小麦)けど、私は自分の香味用の植物を持ってきた(ブイヨンのパウダーの代わりに使った)。植物のミックスには塩、ネギ属の好きなもの(例えばチャイブ)、セロリ、パセリ、ラベージ、マジョラム、バジリコ、チリパウダー。 6月よりも早く暗くなったから、火のまわりに座って話した。私は11時ぐらい寝に行った。私の前にも人が寝に行った。中世から2人も鉄器時代に来て、他の人も少し中世に行った。中世と中世前期の家にも人が泊まった。 シュラフは「ベッド」の上にある藁のマットレスと羊の獣皮の上においた。 […]

    ピンバック by また鉄器時代の村に泊まった/ Nog een weekend in de IJzertijd / Another weekend in the Iron Age | 可愛い国 — 2013年10月10日 @ 15:59

  3. […] 鉄器時代のスカートと同じようなパターンです(鉄器時代にはポケットがない)。 […]

    ピンバック by 簡単に作れるスカート / Patroon voor een simpele rok / Easy skirt pattern | 可愛い国 — 2013年12月18日 @ 16:30

  4. […] ik in mei nog een weekend in het Prehistorisch Dorp ga zitten, wilde ik nog een shirt maken volgens dit patroon. Verder was ik ook begonnen aan de korte versie van deze […]

    ピンバック by Een weekje foto’s / 写真で1週間 / One week of photos | 可愛い国 — 2014年2月24日 @ 15:56

  5. […] 9月19・20日にはまた鉄器時代で泊まった。前の泊まることはここ(一回目)とここ(二回目)で読める。 二回目と同じ家で泊まった。勿論自分で作った鉄器時代の服を着た(黄色シャツは新しく作った)。博物館の服は香料に入った洗濯洗剤で洗ったから。 夕ご飯で使える自分で作った香味用の植物も持ってきた(ブイヨンのパウダーの代わりに使った)。 […]

    ピンバック by 三回目で鉄器時代/Derde keer in de IJzertijd / Third time in the Iron Age | 可愛い国 / Schattig Landje / Cute Country — 2015年10月4日 @ 00:19


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a Reply /ここにコメントを書いてください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。