可愛い国 / Schattig Landje / Cute Country

2014年10月29日

“Werkelijk Waar?”

Filed under: オランダ, 縫う — タグ: , , , , , , , , — セレネ @ 10:29

1)私の料理の本も持ってきた。
Ik had mijn kookboekje ook meegenomen.
I also brought my Dutch/Japanese recipe book with me.
2)誕生日だったから、ファッジも作った。
Vanwege mijn verjaardag had ik ook fudge gemaakt.
Because of my birthday, I had also made fudge.
3)私はブッククロッシングの本もリリースした。
Ik liet ook een aantal Bookcrossing-boeken achter.
I also released a few Bookcrossing books.

10月11日に、Stichting Kunstgeinニューへインの芸・美術についての財団)のマジックリアリズムについてのプロジェクトがあった。二人の作家(私も)は物語を書いて、他の二人は絵・写真などを描いた。そして、他の二人の美術家は絵などを描いて、他の二人の作家は物語を書いた。他人が誰だとは最後まで知らなかった。
Parelz出版社はこの物語と絵を本に出版した。
夕ご飯は両親と一緒にDe Middenhofと言うレストランで食べた。

“Werkelijk waar?”の本に、私の物語のページ。
Het boekje “Werkelijk waar?” met de pagina’s waarop mijn verhaal staat. Mijn recensie van het boekje is hier te vinden.
The book “Werkelijk waar?” with the pages containing my story.

他人のウェブサイト(オランダ語):
Dick van Zijderveld(発起人)
Uitgeverij Parelz(出版社)と「Werkelijk waar?」と言う本のページ
Jan Donders (写真)
Tisa Pescar (物語)
Lisa Peters Esvelt (絵)
Koos Ket (絵)
Anaïd Haen (物語)
Joke Bijnsdorp (絵)
Samantha Kraak (物語)

Joke Bijnsdorp & Samantha Kraak

サマンタ(左)は物語を書いて、ヨーケ(右)は絵を描いた。
Joke (links) had schilderijen gemaakt bij het verhaal van Samantha (rechts).
Joke (left) made paintings inspired by Samantha’s (right) story.

Op 11 oktober organiseerde Stichting Kunstgein een dag over magisch realisme. Twee schrijvers (waaronder ikzelf) leverden een verhaal aan, waarbij twee kunstenaars een beeld (tekening, schilderij, foto) maakten, en twee kunstenaars leverden een beeld aan waarbij twee schrijvers een verhaal schreven. De schrijvers en kunstenaars hadden geen contact totdat alle werken af waren.
Deze kunstwerken (twee schilderijen, een foto en een tekening) en de verhalen werden gepubliceerd in een boekje, uitgegeven door Uitgeverij Parelz.
Daarna ging ik met mijn ouders eten bij restaurant De Middenhof.

Selene Broers & Lisa Peters Esvelt

リーサは私の物語に絵を描いた。私は自分で作ったドレスを着ていた。
Lisa had bij mijn verhaal een tekening gemaakt. De jurk die ik aanhad was McCall’s 3129 met kleine aanpassingen.
Lisa made a drawing inspired by my story. The dress I was wearing is McCall’s 3129 with small alterations.

Websites:
Dick van Zijderveld (initiatiefnemer)
Uitgeverij Parelz en de (bestel)pagina van het boekje “Werkelijk waar?”.
Jan Donders (foto)
Tisa Pescar (verhaal)
Lisa Peters Esvelt (tekening)
Koos Ket (schilderij)
Anaïd Haen (verhaal)
Joke Bijnsdorp (schilderij)
Samantha Kraak (verhaal)

Jan Donders & Tisa Pescar

ティーサ(右)はヤン(左)の写真で物語を書いた。
Tisa (rechts) schreef een verhaal bij de foto die Jan (links) had gemaakt.
Tisa (left) had written a story inspired by Jan’s (right) photo.

On October 11, Stichting Kunstgein (foundation for art-related things in the Dutch city of Nieuwegein) organized a day about magical realism. Two authors (one of them was me) submitted a story, for which two artists made an image (drawing, painting, photo), and two artists submitted an image for which two authors wrote a story. The authors and artists didn’t come into contact until everything had been submitted.
The stories and art (two paintings, a photo and a drawing) were published by Parelz in a book.
Afterwards I went to eat dinner at restaurant De Middenhof with my parents.

Koos Ket & Anaïd Haen

アナイード(右)はコース(左)の絵で物語を書いた。
Anaïd (links) had een verhaal geschreven bij het schilderij van Koos (rechts).
Anaïd (left) had written a story inspired by the painting Koos (right) had made.

Websites (Dutch):
Dick van Zijderveld (initiator)
Uitgeverij Parelz (publisher) and the (order) page for the book “Werkelijk waar?”.
Jan Donders (photo)
Tisa Pescar (story)
Lisa Peters Esvelt (drawing)
Koos Ket (painting)
Anaïd Haen (story)
Joke Bijnsdorp (painting)
Samantha Kraak (story)

Stichting Kunstgein: Werkelijk waar?

上の写真で場所が見える。下の写真で、本をサインしている!
Op de bovenste drie foto’s staat de locatie waar de dag gehouden werd. Op de onderste drie waren we onze boekjes aan het signeren!
On the first three photos you can see the location, and on the last three photos we were signing our books.

広告

2件のコメント »

  1. […] マティルデ・マイエルの本で、私の絵が出版された。全部のレシピで、りんごの絵がある。オランダで見つける野性の植物と果物のレシピが本にあるけど、オランダ語だけ。 この前、「オランダ語と日本語でオランダ料理」の本で、他の食べ物の絵が描いた。そして「Werkelijk Waar?」の本で、私のオランダ語の物語が出版された。 […]

    ピンバック by “Sprokkelen” | 可愛い国 / Schattig Landje / Cute Country — 2015年6月17日 @ 06:25

  2. […] 7月31日は「ハリー・ポッター」の誕生日だったから、新しいハリー・ポッターの本がこの日からお店で買えた。オランダの色んな本屋さんで、「ハリー・ポッター」のイベントがあった。 私はロッテルダムのイベントへ行った。このイベントは「ドンネル」の本屋さんであった。 新しい本は英語だけ:「Harry Potter and the cursed child」、日本語は「ハリー・ポッターと呪いの子」。オランダ語の本は11月に発売される(日本語版と同じとき)。 本屋さんで、新しい本も前のハリー・ポッターの本を売っていた。そして他のもの:コップ、フィギュアー、映画の忍びの地図、など。 本屋さんの入り口はキングスクロス駅の9と3/4番線の入り口に変わった。 お店でハリー・ポッターの世界のものが沢山あった:天井から飛んでいる本といすと傘とか。ホグワーツの旗。箒。グリフィンドールの入り口。 「ハリー・ポッター」の世界のコスチュームを着ていた人が沢山いたけど、私も友達も「ハリー・ポッター」のコスチュームが持っていない。友達は「ハリー・ポッター」のTシャツを着た。私は前に作ったドレスを着た。ちょっと八リーポッターらしい・・・? 家へ帰って、2時間半ぐらいで新しい本を読み終わった。楽しかった! […]

    ピンバック by 本屋さんの「ハリー・ポッター」イベント / “Harry Potter”-feestje in Donner / “Harry Potter” event in Donner bookstore | 可愛い国 / Schattig Landje / Cute Country — 2016年8月3日 @ 15:56


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a Reply /ここにコメントを書いてください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。